印鑑は高額の物が良い?

Pocket

高級のものというのは、持っていて所有欲を満たすものかもしれません。良い素材を使っているものは特に、大事にしなければ、という思いが湧きます。しかし、実際にそこまで費用を掛けなくても良いものもあります。それがまさに『印鑑』です。これは、高級の印鑑を買う必要は無い、ということではなく、改めて高額のものを買わなくても、その役割は充分満たすことができる、それよりも優先させるべきなのは『品質』や『耐久性』、そして『使いやすさ』である、という点です。

特に頻繁に使うネーム印を選ぶ時は、それらを満たしているのであれば、低価格帯でも良いネーム印を購入することができます。ネーム印は、実印とことなり消耗品です。それも理由に含まれるでしょう。いつも使うものだからこそ、気兼ねなく使うことができるものを選びましょう。

印鑑の選び方に関しては、人によって価値観は非常に様々です。書類の電子化が進んでいる現代において、印鑑がその書類の信頼性を高める絶対的なものとして扱われなくなってきました。しかし、そうでない場面においてはやはり印鑑は欠かすことのできない道具です。ぜひインターネット上の作成サービスを活用して、自分だけの印鑑を作ってみませんか?

ネーム印の作り方

Pocket

イメージとしては、既成として売られているものよりも、いわゆる『オーダーメイド』の方が、なんとなく大事にするというか、自分のものである、という気がしますよね。だからといって、正式な印鑑を作る時や実印に掛けるときのような費用は掛けたくない、そう思われることでしょう。そこで利用出来るのが、インターネット上で自分のネーム印を注文することができるサービスです。

安ければ、1000円もかからずに、自分専用のネーム印を作ることができます。その分品質も高く、さらに様々なデザインのネーム印を注文することが出来ます。まさに自分専用のネーム印を作ってもらうことができるのです。要望に合わせて、様々なタイプの印鑑を注文することも可能です。通常よりは少し大きいサイズのネーム印や、難しい漢字、あまり多くはない名字のネーム印を作って貰うこともできます。

いわゆる旧字体にも対応することができますので、店舗で自分の名字のネーム印が売られていなくても、ネットで注文することが出来ますので、安心です。また、ネーム印だけで無く、様々なスタンプも購入することができます。事務用品として、全てネット上のサービスで揃えてしまえば、コストも抑えられるかもしれません。

印鑑とネーム印の違い

Pocket

まず初めに、「印鑑」自体はどのような場面で用いられるでしょうか。仕事上で印鑑を用いる場合、それは『正式』な書類であり、基本的にミスが許されないものです。そこに自分の印鑑で押印する、ということは、そこに書かれている事柄に、少なくとも自分が責任を持つ、ということを表すものともなります。そこで用いられる印鑑は、いわゆる『実印』、『認印』のような、印鑑です。基本的にそういった場面では、簡易的なネーム印は用いられません。朱肉を用いるものより複製しやすいですし、たいていはネーム印を使った、ということがすぐに分かってしまいます。

そもそも、いわゆる『印鑑登録』を役所で行うときは、ネーム印を用いることは無いでしょう。しかし、印鑑はそういった場面だけで用いるものではありません。代表的な例としては、郵便物を受け取る時です。玄関口で郵便物を配送屋から受け取る際には、正式な認印を用いる必要はありません。自分が受け取ったということが、分かれば良いからです。ですから、そういった際には、すぐに押すことができる、朱肉を用いないネーム印が多く用いられるでしょう。

いろいろな場面を考えてみると、以外にもネーム印を用いる機会というのは多く、それだけ汎用性も高い、ということが分かります。ですから、正式な場面で用いる印鑑を持っていたとしても、他の場面で用いられるネーム印を持っていると何かと便利なのですが、そのネーム印、どのようにして作ることができるのでしょうか。

名前と印鑑の重要性

Pocket

自分の名前というものは、生まれた時に付けられ、基本的には一生変えることがないものです。勿論、どのような名前が付けられるかというのは、親次第ですから私達がそれを同行することはできないものですが、それでも自分に与えられた名前は大切にしたい、と思うのは当然のことです。名前は、子どもの時からそれこそ生涯を終える時まで、ずっと用いられるものとなります。それは、いわゆる『ID』のような、不変のものであり、私達の顔のつくりや人体、性別などよりも、より正確に、私達自身を識別するものとなります。

もちろん、まったく被らないというわけではなく、同じ国には幾人か同姓同名がいるかもしれません。しかし、それが個人を識別するための最も最適な手段であることには違いありません。さて、名前はいろいろな場面で用いられますが、もっともそれを用いる場面が多いのは、やはり『書類上の手続き』です。それは、いわゆる重要性や機密性の高い書類に限らず、個人を判別するために、『押印』を行う際にも用いられます。その時に用いられるのが、『印鑑』です。

名前が凝縮された形の、いわゆる『判』を用いた手続きは、かなり昔から遭ったようで、今でもその伝統が引き継がれている、といっても過言ではありません。書類に印鑑を押すということは、自分がその事項に対して、『責任を持つ』ということも表していることから、印鑑が現代の社会においてとても重要な役割を持っていることは否定できません。