印鑑とネーム印の違い


まず初めに、「印鑑」自体はどのような場面で用いられるでしょうか。仕事上で印鑑を用いる場合、それは『正式』な書類であり、基本的にミスが許されないものです。そこに自分の印鑑で押印する、ということは、そこに書かれている事柄に、少なくとも自分が責任を持つ、ということを表すものともなります。そこで用いられる印鑑は、いわゆる『実印』、『認印』のような、印鑑です。基本的にそういった場面では、簡易的なネーム印は用いられません。朱肉を用いるものより複製しやすいですし、たいていはネーム印を使った、ということがすぐに分かってしまいます。

そもそも、いわゆる『印鑑登録』を役所で行うときは、ネーム印を用いることは無いでしょう。しかし、印鑑はそういった場面だけで用いるものではありません。代表的な例としては、郵便物を受け取る時です。玄関口で郵便物を配送屋から受け取る際には、正式な認印を用いる必要はありません。自分が受け取ったということが、分かれば良いからです。ですから、そういった際には、すぐに押すことができる、朱肉を用いないネーム印が多く用いられるでしょう。

いろいろな場面を考えてみると、以外にもネーム印を用いる機会というのは多く、それだけ汎用性も高い、ということが分かります。ですから、正式な場面で用いる印鑑を持っていたとしても、他の場面で用いられるネーム員を持っていると何かと便利なのですが、そのネーム印、どのようにして作ることができるのでしょうか。