名前と印鑑の重要性


Pocket

自分の名前というものは、生まれた時に付けられ、基本的には一生変えることがないものです。勿論、どのような名前が付けられるかというのは、親次第ですから私達がそれを同行することはできないものですが、それでも自分に与えられた名前は大切にしたい、と思うのは当然のことです。名前は、子どもの時からそれこそ生涯を終える時まで、ずっと用いられるものとなります。それは、いわゆる『ID』のような、不変のものであり、私達の顔のつくりや人体、性別などよりも、より正確に、私達自身を識別するものとなります。

もちろん、まったく被らないというわけではなく、同じ国には幾人か同姓同名がいるかもしれません。しかし、それが個人を識別するための最も最適な手段であることには違いありません。さて、名前はいろいろな場面で用いられますが、もっともそれを用いる場面が多いのは、やはり『書類上の手続き』です。それは、いわゆる重要性や機密性の高い書類に限らず、個人を判別するために、『押印』を行う際にも用いられます。その時に用いられるのが、『印鑑』です。

名前が凝縮された形の、いわゆる『判』を用いた手続きは、かなり昔から遭ったようで、今でもその伝統が引き継がれている、といっても過言ではありません。書類に印鑑を押すということは、自分がその事項に対して、『責任を持つ』ということも表していることから、印鑑が現代の社会においてとても重要な役割を持っていることは否定できません。